リフォーム=手を加え改良する事、造り直す事                  

私達が普段当たり前のように“脚”として使っている車両も修理したり定期的に検査したりしてるのと同様に、生活に密着した住宅も定期建診や傷んだ処(特に水周り)に手を加える事により、住宅を安全で丈夫、長持ちさせる事になるのです。
そして、永く快適に暮せるお住いを形にするには、技術力が伴わなくては御施主様に満足して頂けません。
鈴木建築は、細かい処までの心配り、そして、お客様各々に合わせたお住いを提案させて頂きます。 

リフォーム 外壁・床・壁・自然素材・エコ・耐震補強

・外壁リフォーム
     現況では窯業系サイディングが主流(グレードの幅が広くお手頃)ですが、目地に使う
     コーキングの劣化は周囲の状況にもよりますが、7〜8年と言われています。
     コーキングが切れても防水シートと通気層がある為、建物内部への雨水浸透の危険
     性は少ないと思いますが、サイディング切断面の撥水効果が薄れるとそこから水分を
     吸収する可能性がある為、早めにコーキングの打ち直しをお勧めします。

・床リフォーム
     今でこそ2重貼り(捨て貼り+仕上げ材)は当たり前のようになっていますが、十数年
     前は仕上げ材のみでした。無垢板仕様でない合板床材(俗に貼り物)だと床下及び
     室内の湿気の影響で合板の接着剤が剥離して歩くと床が沈む感じを生じてきます。
     根太は傷んでない場合が殆どなので、既存の床板の上に新規の床材を貼る方法が
     安価な床のリフォームではないでしょうか!                  

・壁リフォーム
     一般的に多いのがクロスでしょう。比較的安価で張替えが容易であるのが利点です。
     最近では板貼りも増えてきています。
     ちょっと割高ではありますが、珪藻土や漆喰塗り壁は時が流れても痛みが少なく飽き
     のこないのが特徴です。

・自然素材
    〈床〉 無垢フローリングやコルクで一般的に
        広葉樹→樺、楢、桜、タモ等
        針葉樹→松、桧、杉、桐等
    〈壁〉  壁紙→織物、月桃紙、ケナフ等
        左官材→火山灰、生石灰、珪藻土、炭、漆喰等

    〈自然塗料〉 木の吸放湿性を妨げず、木目や素材感を生かす塗料
            但し、コマメなメンテナンスが必要! 


・エコリフォーム
        既存住宅のCO2排出の軽減を図る為に、それらの断熱性向上に適する技術
    (断熱サッシ等)の導入を介したリフォームです。
    1、快適…住まいが快適になる事。
          窓や外壁の断熱性を高める事により外気をシャットアウトできるから、
          室内の温度や湿度を調整しやすくなります。
    2、省エネ…住まいの断熱性を高める事で冷暖房費の軽減につながります。

    3、経済的…光熱費の節約になります。
            月々の光熱費の差額は微少でも長い月日には多額の差が出ます。

・耐震補強
    住宅リフォームに併行して耐震補強工事も考慮に入れておくのも大切ではない
    でしょうか!
    1、基礎の補強
      @沿え打ち工法
        既存の基礎に差し鉄筋を施し新規の基礎を沿え打ちする工法です。
      Aひび割れ箇所のみを補強する工法
        ひび割れ部分にエポキシ樹脂を注入して補修する工法です。
      B炭素繊維補強工事
        非常に強い炭素繊維(高速道路の架台の補強にも使用されています)を
        基礎に貼り付ける工法です。
    2、耐力壁の追加
      @筋交の追加
      A面材の設置
      B外壁面のみに筋交、面材設置
      C耐震金具の設置 

S邸 住宅リフォーム

築20年程の在来住宅のリフォーム事例です。
トイレの便器交換、真壁和室の床・壁・天井、広縁床・天井、サッシの飛散防止フィルム
等のリフォーム工事です。

S邸 トイレリフォーム

トイレ編

改修前                                                           

しらさぎトイレ        しらさぎトイレ2 

水洗化はされていたのですが、便器が兼用便器でした

 

改修後

しらさぎg        しらさぎトイレ後1   

床と壁が干渉する部分だけを改修し費用を抑えました!

S邸 和室リフォーム

和室編 

改修前               

しら和1 しら和2

本格的な真壁造り(柱を仕上げて魅せている)の和室です。

長押(鴨居の装飾材)、彫刻欄間(間仕切壁の飾り)もあります。

改修中

しら和3 しら和4

2間続きの和室と広縁を1フロアーに!

床は畳からフローリングに、和風の天井も模様替え!

改修後

しら和5 しら和6

上質の柱の肌をそのまま生かし、腰壁を施して、和室2間と広縁を1フロアーに改修しました

S邸 縁側リフォーム

広縁も!

改修前                   改修後

しら廊1 しら廊3

随分とイメージが変わりますよね!

S邸 サッシ;飛散防止フィルム

サッシ編

しら和6 しらサッシ

サッシのガラス面に、飛散防止フィルムを貼る事により

・外部からの視線を緩和できる

・万が一、ガラスが割れた時のケガ防止につながる

一石二鳥ですよね! 

O保育園 木製柵

IMGP0374.JPGある保育室のワンフロアーを木製の柵で仕切りを施しました。

N幼稚園 くぐり孔

N幼稚園

IMGP0335.JPG 園児達が興味津々でくぐり抜けして遊べるよう八角形のくぐり孔を作成しました

 

 

K・S邸 キッチンリフォーム

k・S邸台所  

Before                       After                

IMGP0082.JPGIMGP0138.JPG

床が土間の高さだったので、茶の間床に高さを揃え、窓サッシの高さを    

詰めて流し台を取付けました。                                                                         

ちょっとした工夫で部屋が明るくなりました!

40年前の出窓も蘇りました!

IMGP0140.JPG

 

 

 

                                                                                                           

                           

                                                                             

 

S・K邸 トイレリフォーム

S・K邸トイレ

 Before                      After                  

改修前.JPG改修後.JPG      

右隣の浴室給水管の老朽化による漏水で腐朽が始まってました!

人間も建物も早期発見が大事ですよね!

鉄骨躯体リフォーム

A・O邸テナント   

Before        

IMGP0031.JPG

After

IMGP0035.JPG完成.JPG                              

鉄骨躯体の貸し店舗です。

ワンフロアーを木材で間仕切り、カウンターを造り木工事は一段落!

この後内装業者が入り完成です

 

造り付け本棚

K・O邸本棚

IMGP0076.JPGIMGP0077.JPG 

以前子供室だった部屋の壁一面に本棚を作り付けて書斎に使うそうです。

棚板は使い勝手が良いように可動式にしました!

N幼稚園 遊具

N幼稚園

IMGP0179.JPGIMGP0202.JPG 

!?何だと思います?

左は逆上がりの練習台、以前は鉄製だったんですがやはり木がいいようで…

右は移動式舞台!天板と側板が脱着式です

 

据置式収納棚

K保育園                                      

IMGP0203.JPGIMGP0204.JPG 

据置式の収納棚です

園児達の安全面から角は全部R面加工しました                                           IMGP0205.JPG

 

                      

                      

 

 

 

 

 IMGP0216.JPG

本棚の訳で据付けに行ったところ、園児達は遊具と思っているようです。!